背中の脱毛 継続中

脱毛サロンに通って3年が経ちます。
最初は腕と足の脱毛に通っていましたが、スタッフさんから「うなじ」と「背中」の脱毛もすすめられました。
「これから結婚とかも考えているんならドレスを着る時にうなじと背中が綺麗な方が素敵ですよ。」と。
なるほど。とは思いましたが値が張る話だし、まだまだ結婚の予定もないし悩みました。
でも一括じゃなくても大丈夫ということで脱毛をすることにしました。

腕・足・脇・背中・うなじ、とほぼ全身なので最初は1時間半以上、施術に時間を要しました。
しかし最近では新しい機会も導入されて30分ほどで施術は終了します。
あっという間に終わるので負担もありません。

背中やうなじなんて自分では見えないところだし、気になる部分ではありません。
でも夏に背中のあいた服を着たり、水着になったり、綺麗にしてあればなんだか自信がつきますよね。
私は自分に自信を持てないのですが、脱毛サロンへ通って脱毛していたり、施術のために毎日、お風呂あがりにボディーローションを塗って保湿をしたり、
なんだかそういうことをしていると女子力が上がったような気がして気持ちも晴れやかになります。
いきなり全身脱毛というとハードルが高すぎると思いますので、まずは自分に必要な箇所からスタートすればいいと思います。
脱毛サロンのスタッフのお姉さんたちもすごく綺麗な人が多く、お話していると美意識が高まります。

脱毛を通じて普段のメンテナンスにも目を向けるようになりましたし、良いことだらけです!

背中のムダ毛の自己処理は難しいです。

私はムダ毛の処理を自己処理しています。
よく露出する部分を中心に行っているため、背中はどうしても後回しになってしまいがちです。
そもそも、背中に関しては自分一人では決して処理できません。
自己処理とはいっても、誰かに頼んで処理してもらうほかないのです。
つまりは、誰か処理してくれる人と入浴時間がかぶらなければなりません。
しかしなかなか生活リズムは人それぞれでそれは難しい問題です。
私の場合は一緒に住んでいる家族に時々処理をしてもらっている状態です。
私のために時間をとってもらっていると思うと申し訳ない気持ちになります。
また、家族のことを信じていないというわけではありませんが、どうしても処理のやり残しがあるのではないかと不安になります。
不安になると、せっかく処理してもらっていたとしても、背中の空いた洋服などは着ることができません。
また、怪我をすることもやはりあります。
怪我をした場合、私の体が傷つくだけではなく、処理をした家族の心が傷つくでしょう。
背中の自己処理には、これらのデメリットがあるのです。
これらを全て解決するには脱毛サロンで脱毛するしかないでしょう。
自分のためにも家族のためにも、脱毛したいと思います。

1 2 3 18